小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • 村の情報満載!小菅村ってどんなところ?

日本一も体験出来る!多摩源流まつりを100%楽しむ5つのポイント

2017/04/28ライター:小菅村地域おこし協力隊 中村健太郎

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク



みなさん、ゴールデンウィークの予定は決まりましたか?
まだ決まってないという方に耳より情報をお届けします!
それは東京から車で約2時間で行ける山間の村「山梨県小菅村」で行われているお祭り「多摩源流まつり」です。
人口わずか700名程度のこの村に、たった1日だけ1万人もの人が訪れるビッグなお祭りがあるのです!

このお祭りは毎年ゴールデンウィークの5月4日に開催されており、今年で記念すべき30回目を迎えます!
村人手作りの郷土料理やステージ企画など、楽しいイベントが盛り沢山!
そんな「多摩源流まつり」を100%堪能できるポイントを5つご紹介します!



ポイント① 会場についたらまずはご当地グルメで腹ごしらえ


小菅村の特産といったらヤマメ!
実は、ここ小菅村は日本で初めてヤマメの人口ふ化に成功した村で、ヤマメの里とも呼ばれており、多摩源流まつりでも新鮮なヤマメの塩焼きを食べることができます。
確かな養殖技術と多摩川源流の美しい水が育んだヤマメは、身が甘く、骨まで食べることが出来ます。



めちゃくちゃ美味しいヤマメの塩焼きは毎年大人気!

また、小菅村に来たら食べていただきたいのが「お蕎麦」。
小菅村は昔から石の多い、水はけの良い土地で、良質な蕎麦も特産品のひとつです。
小菅村の大自然の中で育った蕎麦は、香りが良くコシも強くてとっても評判が良いんです!



源流の村で食べるお蕎麦は絶品です!



全て村のお母さんたちの手作りなんです!

多摩源流まつりでも「源流そば」として、小菅村産の蕎麦粉を使用した手打ち蕎麦を提供します。
村のお母さんたちが賑やかに作る愛情こもったコシのあるお蕎麦を食べに来てください。

ヤマメの塩焼きも源流そばも毎年大好評で、昼過ぎには売り切れてしまうお店が続出なので、会場についたら、まず小菅の味コーナーへ行きましょう!
小菅の味コーナーは11:00~15:00まで!


ポイント② お腹が満たされたらステージ企画をチェック!


お昼を過ぎたら、ステージ企画をチェックしましょう。
まずは、小菅村の郷土芸能「獅子舞」です!
伊勢神宮から伝わったと言われる小菅村の獅子舞は、皆さんがよくお正月に見るものとはちがい、3匹の獅子達が舞を見せてくれます。(12:10~12:50頃)



3匹の獅子によるカッコイイ舞をお見逃しなく!

郷土芸能の後は、子供たちも夢中になれる子どもヒーローショーや歌謡ショー(清水アキラ、みち乃く兄弟)もあります!
ご家族の皆さんで楽しめるステージを、ごゆっくりお楽しみください!


ポイント③ 会場内では小菅村の特産品販売も!




手作りの工芸品など、お土産品も買えます!

多摩源流まつりでは、村の人達が作ったカゴやザルといった工芸品や、漬物・おまんじゅうといった名物商品を買うこともできます。
ここでしか買えない商品も沢山あるので、ぜひチェックしてみてください!


ポイント④ 源流まつり以外にも小菅村に魅力がいっぱい!


お祭りにちょっと疲れたら、会場を飛び出して多摩川源流の透き通る水に癒されるもよし、森を散策するもよし!小菅村には自然や観光施設など、魅力がいっぱいです!



村の95%が森林という小菅村は自然がとっても豊か!

高アルカリ性でお肌がつるつるになることから美人の湯とも言われている「小菅の湯」や、
小菅村の食材を使用した石窯ピザやパスタを提供している「源流レストラン」。
森林浴とアスレチックが楽しめる「フォレストアドベンチャー・こすげ」など、この機会にぜひ小菅村を満喫してください!



3つの施設は同じ敷地内にあるので、まるっと満喫できます!


ポイント⑤ いよいよ日本一の「お松焼き」登場!小菅村の火の祭典を楽しもう!


空が暗くなり始める17:50~会場を隣の川べりに移し、メインイベントである火の祭典「お松焼き」が始まります!これがなんと日本一なんです!
お松焼きとは、全国的には「どんど焼き」と呼んでいる地域も多い行事で、円錐型に組んだ丸太の周りをヒノキで覆ったやぐらをつくり、それを燃やすことで無病息災を願います。
小菅村のお松焼きのやぐらはなんと10mもあり、迫力満点です!



小菅村名物の太鼓「大菩薩太鼓」の重低音が鳴り響く中、



山の修行僧である「山伏」が登場し、やぐらに火をつけます。



激しく燃え上がる火柱は圧巻!

これぞ、小菅村が誇る日本一の「お松焼き」なのです。
対岸にいてもその熱さで逃げ出す人が続出するほどの迫力です。
最後には花火も打ちあがって、大興奮間違いなしです!

この5つのポイントをおさえれば、多摩源流まつりを100%楽しめます!

都会の喧騒とは違う、田舎ならではの活気と賑わいを楽しめる多摩源流まつり、村民総出でお待ちしておりますので、ぜひ遊びに来てください!


山梨県小菅村へのアクセスはコチラ!


多摩源流まつり会場までは公共交通機関か自家用車でお越し頂けます。
ただ、小さな村のため、駐車場の台数に限りがあります。
6箇所の駐車場を用意しておりますが、渋滞や混雑も予想されますので、電車とバスでお越しいただくことをオススメします!

当日は奥多摩駅からのノンストップバスも運行しておりますので、ぜひご利用ください!

詳しいアクセスはコチラ!



●公共交通機関でお越しの場合
奥多摩駅からバスで60分

●お車でお越しの場合
高速道路 中央自動車道 大月インターから30分
            上野原インターから50分
     圏央道    青梅インターから70分

西東京バス 奥多摩駅⇔会場区間ノンストップバスが臨時運行します!
奥多摩駅からの臨時バス利用の方には復路の片道無料乗車券を差し上げています。
源流まつりは便利な電車とバスでお越しください!

●この記事に登場した施設情報
小菅の湯:http://kosugenoyu.jp/
道の駅こすげ:hhttp://kosuge-eki.jp/
フォレストアドベンチャー:http://fa-kosuge.foret-aventure.jp/

  • facebook
  • twitter
  • facebook
  • twitter

小菅村地域おこし協力隊 中村健太郎

NPO多摩源流こすげのスタッフで、山梨県小菅村に住んでいます。地域の情報をゆかいに発信していきます。寿司屋の息子ですが、寿司は食べる専門です。