小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • 村の情報満載!小菅村ってどんなところ?

小菅村について

歴史と文化



小菅村では、縄文中期から後期にかけての土器や石器が各所から出土しています。石器の中には長野県で多く産出された黒曜石を使った鏃(やじり)も見つかっていますので、今から約4千年も前の時代、すでに先住民がこの地でほかの地域との交流を持ちながら生活していたことが窺(うかが)われます。
古文書や郷土史などから年代が判明している史跡や建造物で古いものとしては、長作古観音堂が大同2 年(807 年)、宝生寺が康元元年(1256 年)、箭(やぎゅう)弓神社・山沢神社・八幡神社が文明10 年(1478 年) の建立と記述されています。



室町時代、小菅一帯は武田家の家臣である小(こすげとうとうのかみのぶかげ)菅遠江守信景が支配していました。小菅遠江守の居城は箭(やぎゅうじんじゃ)弓神社後方の天神山にあり、その支配地は丹波から落合、柳沢、萩原山、土室沢、さらには小金沢を経て天目山(現甲州市)付近まで及んだといわれています。小菅村は武州に接し関東方面に対する要衝の地で、小菅遠江守はこの地の護りにあたっていました。

江戸時代には幕府の直轄地で、将軍が鷹狩りに使う鷹を供給するための御(おすたかやま)巣鷹山が村内にもあり、その管理などの様子を記した古文書が残されています。また、この時代に盛んとなった富士講の供養塔や浄(しょうじんば)進場といった地名などが当時の古道沿いに見られるなど、古くより人の往来があった軌跡が村内のあちこちに残っています。
明治時代になり中央線、青梅線などの鉄道が開通、青梅線は昭和19 年には奥多摩町まで延長されました。そして戦後の昭和26 年から定期バスが村内へ乗り入れるようになったことで、交易の中心が東京都の西多摩地域へと移りました。

平成26 年11 月に松姫トンネルが開通し、大月の中心部から約30 分ほどで小菅村へ来ることができるようになりました。これにより村はまた新たな局面を迎えています。