小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • YouTube
  • 村の情報満載!小菅村ってどんなところ?

多摩源流の村


山梨県小菅村は、東京都・神奈川県を流れる多摩川の源流部に位置し、奥多摩町に接する人口726人(平成27年国勢調査より)の小さな山村です。東西14km、南北7km、総面積は52.78平方km、標高は奥多摩湖面の530mから大菩薩連山の2,000mまでと高低差に富んでいます。
小菅村では、昭和62年から「多摩源流」をキーワードとしたむらづくりを行ってきました。村の東西に多摩川の源流「小菅川」が流れており、水の供給源である森林は村の総面積の95%を占めています。また、その約3割が東京都の水源かん養林になっています。
小菅村の大きな特徴の一つは、東京から2時間程度の位置にありながら、飾り気のない、日本の原風景を多く残している所です。山菜やキノコ、川魚など里山からたくさんの山の幸・川の幸を楽しむことができ、山は四季折々に素晴らしい風景を眼前に映しだしてくれます。また豊かな自然の中で小菅の温かな人柄に触れた人は、都会ではなかなか味わえない充実した時間を過ごすことができるでしょう。
<基本データ(平成27年国勢調査より>
人口:726人
世帯数:337世帯
面積:52.78平方km
人口密度:13.8人/平方km