小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

そばが特産の小菅村の、美味しい手打ち年越しそば。

2018/03/13ライター:青栁やすは

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

1年の最後の日、大みそか。

その日に欠かせないのが年越しそばです。

 

そばが特産品となっている小菅村。

その小菅村では、どんな年越しそばが食べられているのでしょうか?

 

そもそも、なぜ年越しにそば?

 

みなさんは、大みそかに年越しそばを食べましたか?

年越しにそばを食べる風習は、江戸時代から定着したと言われています。


そばは長く伸ばし、細く切って作ります。



この、「細く長く」ということから「健康長寿」「家運長命」といった、縁起をかついでいるそう。

また他の麺類よりも切れやすいことから、「1年の災厄を断ち切る」という意味もあるそうです。

 

畑のそばを見たことはありますか?

 

そばはとても丈夫な植物で、やせた土地でも育ちます。

成長が早く、穀類の中でも栽培しやすいそう。

 

また、寒暖の差が激しい地域でも育てやすいです。

まさに小菅村!


そばの花畑はとってもきれいですよ。



そばは昔から他の雑穀と共に、小菅村でよく育てられてきました。

そば粉は、小菅村物産館でも簡単に手に入れられます。

 

年越しそば作りを、見させてもらいました!

 

そばが特産となっている小菅村。

年越しには買ってきたそばではなく、手打ちする家も多いです。

その作り手は、お母さんが多いようです。


石坂真悟さんのそば打ちを、見させてもらいます。



しかし今回は、小菅村に移住してきた若者のソバ打ちを見させてもらいました。

小菅歴13年・ソバ打ち歴は9年の、石坂真悟さんです。

そば打ちは、村のお母さんに教えてもらい、年越しそばは毎年打っているそうです。


材料がこちら。



材料は

・そば粉

・小麦粉

・卵

・水

4つです。

そば粉が用意できれば、材料はとってもシンプルですね!


まず、そば粉と小麦粉を混ぜます。



石坂さんの作り方は、そば粉と小麦粉の量が半々。

そばの割合が高くなるほど、技術が必要となるため、初心者にはこの割合が、失敗が少なくて良いそうです。

打ち粉用に、そば粉を別に少し用意しておきます。


つなぎに卵を入れます。



つなぎを入れることで、伸ばしやすく、切れにくくなります。

卵を入れたら、粉と混ぜ合わせます。


水を慎重に入れていきます。



そこに、粉を混ぜながら、少しずつ水を足していきます。

 

「水はどれくらい入れるんですか?」

ひとまとまりになるように入れるよ。

「量ってないんですか?」

量っていないよ。粉の様子を見て、少しずつ入れているよ。


粉全体に水を行きわたらせるように、最初は指を使って混ぜていました。



ぽろぽろとした粉の塊が、だんだん大きくなってきました。

まだひとまとまりに、ならなさそうじゃない?と感じるくらいで見当を付け、力を入れてこね始めました。


ひとまとめにしていきます。



ぽろぽろした塊を集めていくと、だんだんくっついて大きな塊に。

くっつかない所には水を足しながら、ひと塊にまとめます。


ひと塊になったら、体重をかけてねっていきます。

つるっとした、きれいな生地にまとまりました。

打ち粉のそば粉を、のし板に振ります。



いよいよ伸ばします。

打ち粉を振って、台や麺棒にくっつかないように。


麺棒を使って、伸ばしていきます。

麺棒に体重をかけて。四角くなるように伸ばしていきます。

均一に伸びているか、厚さをチェック。

だんだん台に収まらないほど、伸びてきました!

打ち粉をふって、半分に折り畳みます。

さらにもう一度、半分に折り畳みます。

緊張の瞬間。生地を切っていきます。

トントンと、気持ちよい包丁の音が響きます。

沸騰したお湯に、完成した麺をほぐし入れて、茹でます。

茹で上がったら、水で締めます。

ざるに盛ったら、完成です!

いただきまーす!



 

ネギを薬味に、シンプルにざるそばでいただきます。

さすが手打ち!そばの香りがしっかり感じられます。

つるつるっと、どんどん食べられてしまいます。

ここまでで、ちょうど1時間でした。

 

小菅の方は、スーパーでよく見かける乾麺のそばは、

「あんなの、そばじゃねぇ。」

「そばの味がしないから、食わねぇなぁ。」

なんて、よく聞きます。

 

確かに手打ちそばは、香りがバツグン!

そば粉独特の舌触りが感じられるので、乾麺では物足りなさを感じるのでしょうね。

なんて贅沢なんでしょう!!

 

年越しそばを拝見。

 

年越しは、このざるそばを夕飯にいただくのが小菅流。

他のお家の、大晦日の夕飯を見せていただきました。


小泉さん家の豪華食卓。



「今年は手が痛くて、ぜんぜん下手だった!」とお母さんは言っていましたが、十分に細いそばです!

大晦日にお節料理も並んで、豪華食卓!


青柳さん家の、2種類のそば。



息子が打ったそば(左)と、父が打ったそば(右)。

太さ・硬さが違った2種類のそばが楽しめます。

そして、そばとけんちん汁という、不思議な組み合わせ!

 

と思ったら、小菅村では1230日にけんちん汁を大量に作る家庭が多いそう。

そして、年末年始に大量に作ったけんちん汁を食べるのです。

おせち料理のように、お母さんが食事を作る手間を減らすための、昔からの風習ようです。


木下さん家のそば。



こちらは、11日の食卓。

そばも大量に作るので、翌日にお節料理とともに食卓に並びます。

次の日はざるそばの他に、煮込んで食べたりされます。



そばの美味い村でそばを食べよう!

 

小菅村のそば事情を知ったら、小菅村のそばを食べてみたくなりませんか?(笑)

そば粉も、もちろん簡単に買えますが、もっと手っ取り早く食べられる場所もありますよ。

廣瀬屋旅館

409-0211 山梨県北都留郡小菅村4508番地

営業日:宿泊は通年営業、ランチは団体等の予約日以外営業。

夕食にはそばと小菅村の幸が楽しめ、宿泊客向けの蕎麦体験も行っています。

ランチも営業もしているので、宿泊をしなくても食事を楽しめます。

http://www.hiroseya.com

 

小菅の湯 食事処ひのき

 409-0211 山梨県北都留郡小菅村3445番地 

休業日:第四金曜日(113月は毎週金曜日)

http://kosugenoyu.jp/syokuji/

 

小金持ち工房

(小菅の湯となり)〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村3445番地

営業日:土・日曜日・祝日(冬季は休業)

 

原始村 そば処

409-0211 山梨県北都留郡小菅村1970番地

休業日:月曜日、冬季

http://genshi-mura.com/soba

  • facebook
  • twitter
  • facebook

青栁やすは

愛知県から小菅村に嫁ぎ、3人の子育てをしています。保育所の体育講師をしながら、小菅村の伝統工芸の「きおび」を使って、作品作りをしています。村に来る前は、環境教育に携わる仕事をしていました。小菅村でのスローライフを研究中。

イベントカレンダー こすげジェニック