小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

おいしいだけじゃない!獣害対策にも役立つ?!高級スイーツができるまで。

2018/01/16ライター:青栁やすは

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

自然豊かな小菅村。

豊かな森には、そこに住む野生生物もたくさんいます。

シカやイノシシ、クマ、サル、テン、ハクビシン、アナグマ…とまだまだいます。

一見するとのどかな風景に思えますが、近年これらの野生動物が畑を荒らすといった「獣害(じゅうがい)」が深刻化しています。


畑にめぐらされた柵は、野生生物から農作物を守るための電気柵。



寒い季節になると、畑から農作物がなくなります。

獣(けもの)たちのターゲットは、小菅村に多くある柿に。

高齢者には収穫が大変な、里に放置されている柿の木が狙われます。


里におりてきたサル



 

獣害を食い止めるために、若者は立ち上がった…!

 

山で暮らしていた野生生物が、畑や民家といった人が暮らす里まで来て、人の生活に害を及ぼす現状を何とかしたいと、立ち上がったのが青栁博樹(ひろき)さん。

普段は、有害獣の捕獲やジビエ販売を仕事としています。


木登りが得意な、小菅村出身の博樹さん。



この時期は、クマやサルなどの野生生物が里に下りてくるのを防ぐ「獣害対策」をかねて、柿の収穫をしているそう。

所有者が高齢のため収穫できない柿を、代わりに収穫するお手伝いを、あちこちでしています。

 

そんな柿採りのプロの博樹さんと一緒に、手間ひまかかる冬の風物詩作りを体験しました。

 

いざ柿の収穫に!!

 


柿の木にするすると登っていきます。



あっという間に、5mほどある高い木に登る博樹さん。

これは、高齢者には大変な仕事です。

しかも、柿の木は折れやすいそう。

細心の注意が必要です。


竹竿を使って、柿を収穫



柿の木に登ったら、竹竿で柿を収穫していきます。

落としてしまうと、柿が割れて使い物にならないので、慎重に行います。

 

この収穫に使う竹竿は、とってもシンプルな道具です。


柿採り用の竹竿



斜めにカットされた先端に、切り込みが入っているだけ。


切り込みにささった、柿の枝



この切込み部分に枝をかませ、竹竿をひねって枝を折って収穫をします。


一番長い約5mの竹竿



2~5mの竹竿を、収穫する場所によって変えて使います。

写真は一番長い5mの竹竿です。

 

柿の収穫にチャレンジ!!

 

どんどん柿を収穫し、カゴに入れていく博樹さん。

そんなに難しくなさそうなのか?

チャレンジしてみました。


一番長い約5mの竹竿でチャレンジ!



木に登るのは大変なので、平地でのチャレンジ。

使ったのは一番長い約5mの竹竿です。

 

……

 

…………

 

竿に枝がなかなか刺さりません!

5m先の枝を見上げると、どの枝に柿が付いているのか見分けるのが難しいのです。


別の木を、下から見上げた所。



木は違いますが、こんな感じに見えます。

そして、見上げる首も痛いし、竿も重い!

今回使った5メートルの竹竿は、竿の重さだけで1.8Kgあるのです。

そのため、目標を定めるのにも一苦労です。


やった!竿に柿の枝がささった。



竹竿をひねって枝を折るのは、意外とすんなりできました。

枝がパキッと折れるので、気持ちいいです。


とれた~!

ん?!重いっっ!!

重すぎる!!腕にGが!!



 

遠くて全く伝わりませんが、長い竿の先に500gの柿。

5メートルの竹竿では5倍の重さがかかるため、500gの柿でも、2.5kg相当の重さが腕にのしかかってきます!

加えて、竿の重さもあります。

これを慎重に降ろさなければなりません。

柿を放り投げたい気持ちを抑え、腕の筋肉をフル稼働しています。

ハードな作業です!


これだけの柿を収穫するのに、大変な労力!



ちなみに小菅村にある柿の木は、全て渋柿(しぶがき)。

そのままでは食べられません。

甘柿(あまがき)の品種を植えても、渋くなるそう。

不思議ですね。

 

干し柿づくり

 

そのままでは渋くて食べられない、渋柿。

干すことで甘くて、保存食ともなる「干し柿」に加工されます。


100歳のおじぃが、せっせと皮むき。



包丁とピーラーを使って皮をむきます。


大きな鍋で、湯通し。(湯気が充満しています!)



皮をむいた柿は、さっと湯通し。

こうすることで表面が乾きやすくなり、カビにくくなるそう。


ひもを付けて、吊るします。



T字に切った枝にひもに吊るしたら、干していきます。

雨が当たらず、日当たりと風通しの良い所に。

この時期に雨が続いたり、暖かい日が続いたりすると、柿が乾かずにカビてしまいます。

天候との戦いとなります。


獣対策のネット!



美味しい干し柿ができるまで、約1か月間干します。

まんべんなく乾くよう、何度もやさしく揉みます。

もちろん、その間に鳥や獣に食べられない工夫も必要です。


完成間近の干し柿を狙うのは…。



昨年は、いい感じに乾いてきた干し柿を、深夜にガサガサと狙う音が!

氷点下の寒空の下、慌てて追い払い、罠を仕掛けたら…?


罠にかかったテン。



犯人はテンでした。

かわいい顔をしていますが、小さな体と強い手足で、狭い場所や高い所に登って、農作物を荒らしたりする、厄介者です。

 

獣に天候にと、完成するまで気が抜けません。

完成まで、とっても手間ひまがかかるんですね。

 

高級スイーツ「干し柿」の完成

 


完成した干し柿



あの渋かった柿が、とーっても甘い干し柿に大変身。

大きさも半分以下まで小さくなって、うまみが凝縮されています。

 

和菓子の甘さは、干し柿の甘さが基準にされるほど、上品な甘さとされています。

つまり、羊羹と干し柿の糖度は同じくらい。

砂糖も使っていないのに、自然の力で甘くなるので驚きです。

 

手間ひまかけて作られた、高級スイーツ「干し柿」。

小菅村の干し柿は、美味しいことはもちろん、獣害対策の役にも立っているので、ぜひ買って、その活動を応援したいですね。

  • facebook
  • twitter
  • facebook

青栁やすは

愛知県から小菅村に嫁ぎ、3人の子育てをしています。保育所の体育講師をしながら、小菅村の伝統工芸の「きおび」を使って、作品作りをしています。村に来る前は、環境教育に携わる仕事をしていました。小菅村でのスローライフを研究中。

協力隊募集ページ イベントカレンダー こすげジェニック