fbpx

小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

並んででも食べてみたい、小菅村の郷土食!多摩源流まつりの魅力。

2019/04/26ライター:青栁やすは

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

5月4日に小菅村で、毎年行われる「多摩源流まつり」。

人口約700人の小さな村に1万人が訪れる、にぎやかなお祭りです。

ステージ企画に出店・日本一のお松焼に花火に…と、1日中楽しめる内容となっています。

 

多摩源流まつりは、こちらで紹介しています。

https://ko-kosuge.jp/event_kosuge/261/

 

多摩源流まつりは、村民による手作りのお祭り。

お祭りの魅力の1つが、何といっても食べ物!

この日にしか食べられない郷土食もあるので、要チェックですよ!

 

 

毎年、即完売!?並んででも食べたい「小菅の味コーナー」


料理は村のお母ちゃんたちの手作りですが、ボランティアの若い学生さんもお店を手伝ってくれています。



小菅の味コーナーの魅力は、村のお母ちゃんたちの手作り料理が食べられること!

食事処では出てこない、この日にしか食べられない郷土食もあります。

 

村の高齢化も進み、年々作る量も減ってきているので、あっという間に完売してしまうことも。

お目当ての料理は、売り切れてしまう前に並んで確保したいですね!

(11時からスタートしますよ!)

 

・山菜ごはん

 

小菅村で採れた山菜が混ぜ込まれた、混ぜご飯です。

お米と具を一緒に炊込む炊き込みご飯ではなく、濃いめに味付けされた「かて」と呼ばれる具をお米に混ぜる、かて飯(めし)スタイル。

 

きのこ・ごぼう・にんじん・油揚げなどの具は油で炒め、甘辛に味付けられていて、ご飯との相性バッチリ。

ご飯・かてと一緒にお酢も混ぜ込むので、五目寿司に近い感じでさっぱりいただけます。

紅しょうがが添えられているのも、いいアクセントになります。

 

かて飯は色々な具のバリエーションがあり、よく家庭で作られる料理なのですが、村内の食事処ではあまり出てこないので、この日にぜひ食べたい一品です。

 

 

・源流そば

 

そばも、もちろん村のお母ちゃん達の手作り!

朝早くから集まって、数百人分のそばをせっせと打ちます。

 

そばは寒暖の差が激しく、やせた土地でもよく育つため、小菅村の特産品の1つとなっています。

自然たっぷりの小菅村で育ったそばは、香りとコシの良さがバツグンです。

 

打ちたて、茹でたてのソバは、ちょっと暑い日にもつるつるっと食べられるので、オススメです!

 

 

・ヤマメの塩焼き

 

ヤマメの里と呼ばれる小菅村。

水のきれいな渓流にしか住めないヤマメは、日本で初めて養殖に成功したのが小菅村なのです。

 

ヤマメは漢字で山女魚。

山を流れる渓流の女王と呼ばれ、高級魚として有名です。

魚独特のクセが少なく、身はジューシーなので、シンプルな塩焼きでも美味しくいただけますよ!

 


・大福餅

 

杵と臼を使って、会場でつきたてのお餅から大福が作られます。

手でついたお餅は、格別の美味しさがありますよね。

お母ちゃんたちが、手早く大福を作っていく様子も圧巻です!

 


・きびおこわ

 

小菅村で昔からよく栽培されている、雑穀のきび。

もち米と一緒に炊かれ、やさしいきびの黃色をしたおこわです。

きびもモチモチしていて、しっかりお腹を満たしてくれます!

シンプルな味付けとモチモチ食感が楽しくて、ついつい食べ過ぎてしまう一品です。

 


食べて応援したい、村でがんばるこのお店!

 

・チャーちゃんまんじゅう


安定の美味しさの、チャーちゃんまんじゅう



道の駅こすげにある物産館で、1番の売行きを誇るチャーちゃんまんじゅう。

国産小麦粉を使ったふんわりした皮と、薪で煮たあんこの他、畑で育てた高菜・サツマイモ・よもぎ・きんぴらなどなど、甘い系からおかず系までの色々な味が楽しめます。

 

お祭りでは、チャーちゃんこと清子ばーちゃんとお話できる上、色々な味が出されること間違いなし!

売り切れる前に立ち寄りたいですね!

 

 

さいごに


会場にはぎっしりのお客さんが!



お祭りで何を食べようかな〜と考えながら、迷う時間も楽しいですよね!

手作りのため、人気の食べ物はすぐに売り切れてしまうので、お目当てのものはお早めに。

今年が無理でも、数年かけてコンプリートを目指す楽しみ方もあるかもしれませんね♪

 

  • facebook
  • twitter
  • facebook

青栁やすは

愛知県から小菅村に嫁ぎ、3人の子育てをしています。保育所の体育講師をしながら、小菅村の伝統工芸の「きおび」を使って、作品作りをしています。村に来る前は、環境教育に携わる仕事をしていました。小菅村でのスローライフを研究中。

協力隊募集ページ イベントカレンダー こすげジェニック 1/2ポイントカードはじめました