小菅村を楽しむ総合情報サイト
  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

タイニーハウスに宿泊してみよう。一棟貸し切りで楽しむ、小菅村の1日。

2021/07/02ライター:佐藤葵

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク

 

 

小菅の湯の入口近くに小さな家が2つ建っています。

2021年5月よりこの小さな家、「タイニーハウス」に宿泊することができるようになりました。

 

最近、話題のタイニーハウスをご存知ですか?

家も暮らしもコンパクトに、そんなミニマムな生活を体現するタイニーハウスが注目をあびています。

 

タイニーハウスは旅館に泊まるのとは違い、小菅村という所をもっと近くに感じながら滞在できる施設となっています。

 

 

タイニーハウスって何?小菅村は、タイニーハウス村って呼ばれる?

 

タイニーハウスとは言葉通りの「小さな家」。

一昔前は、大きな家が幸せの象徴とされていました。

そこから家の機能性や必要性を考え、モノを持ちすぎないシンプルな暮らし・ミニマムな家に住むという考えが、2000年ごろからアメリカで始まりました。

 

つまり「小さな家」は、コンパクトなスペースの中でモノを持ちすぎない「ミニマルライフ」だけれど、豊かに暮らすという、新しい暮らし方を提案する家なのです。

 

今回ご紹介するタイニーハウスは小さくても「住むことのできる家」なので、トイレ、風呂、キッチンなどの生活をする家としての機能を完備しています。

小さなスペースながら快適に、ミニマムな暮らしが実現できる素敵なお家なのです。

 

小菅村では、株式会社小菅つくる座という村にある会社が中心となり、「タイニーハウスデザインコンテスト」を2017年から行なっています。

入選したデザインは実際に村内に建てられ、移住者を中心とした村民が住んでいます。

小さな村に続々とタイニーハウスが建てられているため、タイニーハウス村と呼ばれることも。

 

小菅の湯の敷地内に作られている2棟も、そのコンテストの一環で建てられ、この春から宿泊施設として営業を始めました。


「きがる棟」は、つくる座の一級建築士の和田さんの設計で2017年に建てられました。

「じっくり棟」は、2017年のタイニーハウスデザインコンテストの優秀作品です。


今回は、小菅村タイニーハウスの「きがる棟」に宿泊してみたので、その様子を紹介します。

 

 

気になるタイニーハウスの中や、宿泊料金は?


きがる棟、シンプルなデッキ付きのお家です。ロフトが2か所あります。


こちら「きがる棟」は、ロフトが2か所ある約17平米のお家です。

(BS放送が映るテレビあり・Wi-Fi完備)

 

 

室内には中央にダイニングテーブルが置かれ、キッチン、ソファベッド、シャワールーム、トイレがあり、床面積はコンパクトながらも天井が高くて開放感があり、リラックスできる作りになっています。

 

 

一見棚にみえる階段をのぼっていくと、2か所のロフトがあります。

最上段のロフトが、隠し部屋のような就寝スペースとなっています。

室内の様子は、こちらの写真で360度ご覧ください。

 

 

 

宿泊料金は、1棟 11,000円(消費税込み)。

最大宿泊人数は2名で、添い寝のお子様は2名まで人数に含まれないそうです。

 

隣に建つ「じっくり棟」も定員2名、宿泊料金が11,000円なので、人数が多い場合は2棟を借りるのもいいですね。

 

 

滞在時間は15時から翌日の11時までの20時間。ロングステイが楽しめます。

 

チェックインは小菅の湯の受付に声をかけてください。

予約は専用のサイトで行い、お支払いも事前にクレジットカード決済で完了します。

 

スタッフの方に小菅の湯受付からタイニーハウスまで案内してもらい、チェックインはタイニーハウス内で宿泊台帳を書いて、鍵を受け取って、簡単な説明を受けるのみ。


小菅の湯のカウンターにて。温泉の閉館時間に間に合うよう、17時半までには受付を完了してください。

鍵には、きがる棟と同じ形をした、可愛らしいキーホルダーが付いています!

お部屋には、滞在の手引きが置いてありました。

左はソファベッド。白い棚がロフトへと繋がる階段です。足元に気を付けて上がって行ってください。

この段差のある右の部分にマットレスがあります。


 

食事作りも楽しもう!

 

滞在中の食事はご自身での調達となります。

基本的に食材は、村外から持参することをお勧めします。

村内にも商店はありますし、タイニーハウスのある小菅の湯のすぐ近く、道の駅こすげには村で採れる野菜などを販売している物産館もありますが、季節や時間によっては品切れになってしまうことが想定されるからです。


炊飯器・湯沸し器・ミルクパン・フライパン・お鍋2種類と調理器具も充実しています。


細々した調理器具も揃っています。


吊り棚には食器類が収納されています。お皿4種・グラス2種 各2セット用意。


これ以外に、きがる棟には、電子レンジ・冷蔵庫、IHコンロ(2口)があります。

※もう一方のじっくり棟には、電子レンジがありません。

 

とは言っても、ぜひ物産館は覗いてみてください。

小菅村で作ったこんにゃくや漬物、おまんじゅう、ジビエ肉、小菅村の水で作ったクラフトビール、個性的なご当地レトルトカレー、山梨のワインなど追加で購入して夕食の一品にすることはできます。


女2人姉妹の飲み会の予定で、お酒やおつまみを持参しました。



写真中央の生ハムのサラダとヒラタケのマリネは、源流レストランのテイクアウトコーナーで購入しました。

物産館では小麦のおうちの手作りパンとFar Yeast Brewingのクラフトビールを購入しました。

季節や時間で調達できる食材も変わりますが、いろいろお楽しみください。

 

その他の食材は持参しました。

調理機器・道具・食器は一通り揃っていますが、調味料は一切置いてないので忘れずに持ってきてください。


お皿に料理を盛り付けて早速乾杯です!外は明るいですが時間は6時半です。(2021年5月に撮影)


 

星空観察も最高。天の川ってほんとにあるんだ!


村民写真家のkabutomusi22さんの一枚です(Instagram:@kabutomusi22 )。条件がそろえば見れるかも??


街灯の少ない田舎ならではの夜の楽しみの1つは、天体観測です。

しかし夜は、足元すら見えなくなるくらいの暗闇です。

小菅の湯周辺はまだ街灯が多いほうですが、それでも暗い。

部屋に置いてあるライト(LEDランタン)をご活用ください。

 

外に出たら、街灯がなく開けた場所でライトを消して、目が暗闇に慣れるまで十数分待ってください。

すると不思議なくらい星が見えてきます。

スマートフォンでも星空撮影のアプリもあるので試してみるのもいいですね。


スマホのアプリで、北斗七星が撮影できました。思い出の一枚になります。


 

朝の7時には1回起こされる。ローカルなモーニングコールはすごい!

 

 

小菅村では7時・12時・17時に村内放送が流れます。

そのスピーカーがちょうどタイニーハウスの近くにあり、なかなかの音量なのです。

初めての方はびっくりされるかも知れませんが、田舎暮らしの一コマと思ってもらえると嬉しいです。

 

村内放送の他には、鳥の鳴き声で目が覚める事があるかもしれません。

森が近くにあるので都市部とは違い、たくさんの鳥が生息しています。

近くの木にとまって可愛い鳴き声を披露してくれるので、早起きしてしまったら周辺を散歩してみるのもいいですね。

 

 

遅めの朝ご飯の調達は、物産館でも出来ます。

 

早めの出発ではなく、朝ものんびりできる方は9時の物産館オープン後に朝食を調達する事もできます。

季節によっては販売がない事もあるので、チェックイン時にスタッフに確認して頂くのがいいと思います。

 

今回は村内のパン屋さん「小麦のおうち」のパン、萬寿屋のロックフィッシュバーガー、源流ブレンドコーヒーがあったので購入しました。


物産館で買ってきました。朝食はパンとコーヒーで軽めに。

イワナのフライが入ったロックフィッシュバーガーはタルタルソースが美味しい一品。3種類のパンも素材の味がいかされたやさしいパンです。


 

宿泊中の注意していただきたい事はこちら!

 

自然溢れる田舎には虫がたくさんいます。

うっかり窓を開けたままにしておくと、夕方以降は照明に呼び寄せられた虫たちがやってきてしまいます。

網戸にしておくことはもちろん、周辺の散歩の際には虫よけ等の対策も忘れずに。

特に ぶよ(ぶゆ)に刺されると痒くなって大変です。

こちらの記事を参考にしてください。

夏は「ブヨ」に注意!刺されたら?刺されないための対策は?

 

また、野生動物への遭遇にもお気をつけください。

出歩く際は、明かりをつけたり、おしゃべりしたりして、人がいるので近づかないよう、動物たちに知らせてあげましょう。

 

お風呂についてはきがる棟はシャワールームのみ、もう一方のじっくり棟はユニットバスです。

すぐ近くに小菅の湯があるので、別料金となりますが宿泊者は割引料金で利用できるので、大きなお風呂でゆっくりしていただくのがおススメです。

 

また、タイニーハウス周辺の小菅の湯や道の駅こすげ敷地内は火気厳禁となっています。

素敵なテラスがありますがBBQ・花火等は禁止となっています。

 

その他の注意事項は「タイニーハウス予約サイト」にてご確認ください。

タイニーハウス予約サイトはこちら

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

山間の小さな村のゆったりとした時間の流れる、自然に囲まれた暮らしを体験してみませんか?

 

●タイニーハウスのご予約・詳細はこちらから

https://reserva.be/tinyhousekosuge

タイニーハウス「きがる棟」「じっくり棟」は、道の駅こすげ敷地内にある、小菅の湯近くにあります。

 

 

  • facebook
  • twitter

    佐藤葵

    小菅村に住み始めて10年が過ぎました。 家族と共に小菅村を楽しみながら暮らしています。ここ数年の夏は家庭菜園で野菜作りも始めました。近所の達人に助言していただきながら修行中!

    “こ、こすげぇー商店” “村民向けページ” ポイントカード ふるさと納税 こすげジェニック