小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

源流を歩いたことはありますか?多摩川の源流を歩く源流ガイドウォーク

2018/06/28ライター:佐藤葵

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

多摩川は、山梨県・東京都・神奈川県を流れる全長138kmの自然豊かな川です。

最初の一滴は、山梨県と埼玉県の県境にある笠取山の水干(みずひ)を源としています。

 

自然豊かな清流でニジマスやヤマメ、イワナなどの魚も生息していて釣りを楽しむこともできます。

 

源流といっても    「大きい岩が沢山あって…」というような過酷な所ではありません。

子どもでも歩きやすいのです。

実際、小菅村では「源流体験」といって、上流部の川の中を歩いたり泳いだりして体を使って源流を体験する教室もあり、村内の小学生が課外学習で体験することもできるのです。

 

源流ガイドウォークは、小菅村のガイドが案内しながら源流をゆっくり散歩するようなもの。自然の空気を味わいながらゆっくりゆったり歩きます。

 

今回は 源流ガイドウォークをご紹介したいと思います。

 

体験時間は約3時間。道の駅こすげに集合です。

 

まずは、道の駅こすげで待ち合わせです。


物産館前でガイドの寺田さんと待ち合わせです。



この日は雨予報が出ていたのですが、太陽が顔を出し暑くなりそうなお天気になりました。

子どもと3人で参加しましたが、他の参加者の方々と6人でした。

ガイドさんから当日のスケジュールのお話を聞いてから、みんなで移動して、胴長の準備をします。車で来た方は小菅の湯に自家用車は置いていきます。


子ども用はズボンタイプです。うっかりしゃがみこんでも濡れる事はなさそうです。



ここでトイレと胴長への準備をすませると、再度車に乗り込み源流域に向かいます。

 

 

源流ウォークの始まりです!


出発地点でレクチャーを受けます。ガイドの寺田寛さん。

林道を足元に気を付けて下りていきます。

新緑が綺麗です。川の流れも穏やかで水が透き通っています。

早速何かを発見!

大小様々なサイズのオタマジャクシでした・・・。

深い所でも子どもの膝くらいの深さです。

天然のヤマメがいたようです。箱メガネで観察しています。

川のせせらぎや鳥の鳴き声が聞こえます。



自然に囲まれて、癒しの時間をすごす

 

手付かずの自然の中を歩く経験は、なかなか出来るものではありません。

季節が変われば、違う発見もあると思います。

他の参加者の方々も、写真を撮ったり、ガイドの寺田さんに質問したりと思い思いの時間を過ごしていたようです。

 

風の音、鳥の鳴き声、川のせせらぎ、、、五感を働かせて身体中で大自然を感じる事ができる貴重な時間を過ごすことができました。

 

また、警報が出るような大雨でなければ基本的には開催するそうです。

雨の源流も晴れの日とは違う趣があると寺田さんはおっしゃっていました。

 

源流ウォークに行ってみませんか?

 

  • 源流ガイドウォーク

http://npokosuge.jp/experience/genryu-walking/

 

  • facebook
  • twitter

佐藤葵

小菅にお嫁に来て10年弱。冬の寒さにも慣れました。小菅の自然に癒されリラックスした日々を送っているのんびり主婦です。

イベントカレンダー こすげジェニック