小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

どんな写真でも心霊写真にする方法

2017/03/09ライター:地主恵亮

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

人は怖いものが嫌いだ。しかし「怖いものを見たい」という心理も持ち合わせている。お化け屋敷などはその最たる例だろう。心霊写真もそうだ。霊が写っていると怖いはずが、なぜか盛り上がる。つまり、この心理を利用すれば普通の写真でも、注目を集めることができるのだ。

 

 

人は楽しい写真を見たくない

 

FacebookやTwitterの普及により、多くの人が休日の楽しい思い出をアップするようになった。具体的には仲間とバーベキューした写真や、友達とふざけ合っている写真。その人の仲間はいいのかもしれないが、たいして知らないコチラとしてはそんな写真に興味はない。

 

人が楽しそうにしている写真なんて興味ない!

人が楽しくしている写真というのは実に難しい。自分は楽しくて撮ったとして、どこかにアップすると、その場の空気感は伝わらず、それは見た人はもう全く興味が持てないのだ。せっかく撮った写真もスルーされてしまう。

 

そこでこうである!

被写体(私)の男性は実に楽しそうである。友達とハイキングにでも来たのかもしれない。本来ならば見るに値しない写真だ。この写真には特に情報はないのだ。しかし、赤い丸の存在が急に見てもいいかもしれない写真にしている。「写真に赤い丸=心霊写真」なのだ。


楽しそうだけれど、心霊写真



 

心霊写真は作れる

 

赤い丸を写真につけるだけで、いくらコチラが楽しんでいても、その写真は楽しい思い出ではなく、心霊写真となる。多くの心霊写真は霊が写っている部分を赤い丸で示すのだ。そのような文化があるのだ。

 


心霊写真!



この文化を利用したのが上記の写真たちだ。本当は霊なんていない。存分に休日を楽しんでいるだけだ。先述の通り普通ならば誰も興味を示さない写真。しかし赤い丸のおかげで多くの人に見てもらえるのだ。みんな心霊写真が好きなのだ。

 


赤い丸の正体!



 

赤い丸を作る

 

赤い丸の正体は、赤い丸に棒を付けて、リュックにさしたもの。この状態で写真を撮れば、なんでも心霊写真になるのだ。もちろん霊なんて写っていない。だって、赤い丸をリュックに刺しているだけなのだ。本当に霊がいたら嫌だ。怖いのは嫌なのだ。

 

 

洗濯物を乾かすヤツの

 

 

洗濯バサミなどを取って、

 

 

赤いテープを巻いて、

 

 

棒をつけて、リュックにさせば完成!

 

実に簡単に心霊写真は撮れてしまう。都心でこの格好で歩いていると恥ずかしいので田舎がいいだろう。リョックに赤い丸はそこそこ目立つ。そこで今回は小菅村で撮影している。また小菅村は自然豊なので、心霊写真に説得力が出る。

 

 

人工物が多いと棒の部分が目立つので、

 

 

田舎がオススメ!

 

 

心霊写真で人気者

 

フィルムではなく、デジタルカメラになった今は心霊写真が減ってきている。フィルムの方が霊が写りやすいのだ。しかし、この方法ならばいつだって心霊写真になる。どんな霊だろう、と写真もよく見てもらえるだろう。

 

でも写っているわけがない

 

このような写真をFacebookなどにアップすれば「いいね」の嵐であろう。だって、みんな心霊写真が大好きなのだ。夏の足音がだんだんと近づいてくる季節からは、さらにいいだろう。ただの楽しい休日を心霊写真として残すだけで、いいね! がもらえるのだ。

 

 

そうでもなかった

 

友達とバーベキューしたとか、ゼミ友達と海行った! みたいな写真はどういうわけが、前述通りであれば、いいね、なんてつかないはずが「100いいね」とか行ったりしている。それが私の心霊写真だと「3いいね」である。私の理論は違ったのだろうか。私はひとり寂しく小菅村に行ったのに。何がいけないのだ、きっとこのようなタイプが心霊になるのだと思う。

 


夜だとさらに心霊写真!



 

 

  • facebook
  • twitter
  • facebook
  • twitter

地主恵亮

1985年福岡生まれ。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。東京農業大学非常勤講師ですが、たいだい家にいます。ご連絡は「jinushikeisuke@gmail.com」までお願いします。

協力隊募集ページ イベントカレンダー こすげジェニック