小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

SNS映えするアウトドア料理を作ろう!小菅村で夏のキャンプ。

2018/10/14ライター:青栁やすは

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

夏のレジャーの1つのキャンプ。

 

そのキャンプの定番料理と言えば、カレーにバーベキューでしょうか。

最近では、ダッチオーブンやスキレット、バーベキューグリルなど、様々なアウトドアギアを使った料理も紹介されています。

 

でも、ただでさえ準備が多いキャンプ。

荷物は最低限に、できるだけ身軽に出かけたいですよね。

 

そんなコンパクトにキャンプを楽しみたい方や、アウトドア初心者でも簡単にできる、アウトドア料理をご紹介します。

 

キャンプ場であればレンタルできる備品もあるので、手軽に楽しむことができます。

当然、小菅村で押さえておきたい美味しい食材を使用します。

 

もちろんSNS映えも考慮していますよ。

 

 

源流の村ならではの食材「ヤマメ」を使った、アクアパッツァ

 

小菅村で絶対食べて欲しい食材の1つがヤマメ。

清流でしか棲むことができない川魚です。

 

ジューシーな身で旨味がしっかりあるので、シンプルな塩焼きが絶品です。

 


ヤマメの塩焼きは、道の駅でも販売されています。



しかし、アウトドアクッキングで、微妙な火の調節はなかなか大変。

焦げないように、しっかり魚の中まで火を通すには、技術か道具が必要です。

 


まきだと、火加減が難しいです。



しかしアクアパッツァは、鍋に魚を入れて白ワインで蒸します。

 

キャンプ場で借りられる鍋でも作れますし、小さなスキレットやフライパンを持っていけば、そのままテーブルに並べられます。

 


スキレットがあると、食卓が華やか。



作り方は簡単。

ヤマメ・アサリ・トマトやお好みの野菜に塩コショウをふり、白ワインを入れて蒸し焼きします。

 

上の写真は、トマト、ズッキーニ、インゲン、シメジと野菜盛りだくさんでヤマメが隠れています。

 

アサリとヤマメから出汁がたっぷり出るので、スープも絶品。

スープをパンにつけて食べるのも美味しいです!

 


アサリの代わりにシジミでも。ジャガイモやハーブを入れるなど、お好みの食材を組み合わせられます。



 

味に定評のある、小菅のジャガイモを使った「ハッセルバックポテト」

 

小菅村のジャガイモは、よく締まっていて他のジャガイモより美味しいと言われています。

 

斜面で砂利の多い畑は、ジャガイモの栽培に適していて、美味しく育つのです。

昔からよく栽培されていて、富士種(ふじしゅ)という小菅村の在来種のジャガイモもあります。

 


物産館にたくさん並ぶジャガイモ



ハッセルバックポテトはスウェーデンの家庭料理。

アコーディオンの様に切り込みを入れ、ジャガイモを焼きます。

とってもシンプルな料理ですが、目を引く見た目で、最近話題になっています。

 


こんがり焼けたジャガイモ。



一番大変なのは、切り込みを入れる作業。

ジャガイモが下まで切れてしまわないように、割りばしをまな板に置いて切ります。

 


割りばしより、下の高さは切れません。



切り込みに食材をはさめば、見た目も食べごたえもアップ。

チーズやベーコンはジャガイモと相性のいい食材です。

ズッキーニやパプリカ・トマトは、彩りをそえてくれます。

 


子どももお手伝いできる作業です。



ジャガイモは、こんがりとした焼き目がつくと美味しそうに見えるんです。

オーブンやグリルといった道具があれば、上下から加熱されて簡単にできるのですが…。

 

そこで簡単に上下を加熱し、ジャガイモの芯まで加熱するには、ホイル焼きがおススメです。

 


アルミホイルで包まれているので、上下を簡単にひっくり返せ、中まで火が通りやすいです。

この日はハッセルバックポテトと一緒に、おにぎりを焼きました。



そして完成!!

子どもが待ちきれなくて、焼きおにぎりが減っています(笑)

 

きゅうりのおかずは、家で作ったものを持参しました。

 


小菅村の食材をたっぷり使った、アウトドア料理。



 

 

さいごに

 

自然豊かな小菅村のキャンプ場は、どこもロケーションが良くて気持ちいのいい場所。

たっぷりの自然で癒され、おもいっきり遊べ、夏のレジャーにぴったりです。

 

もちろん家でも、この料理を作ることはできます。小菅村の美味しい食材を使って、SNS映えする料理を作ってみませんか。

 

 

ヤマメはこちらで購入できます。

●木下養魚場(0428-87-0356)

●小菅養魚場(0428-87-0336)

●玉川キャンプ村(0428-87-0601)

 

撮影場所

 

●平山キャンプ場

住所:山梨県北都留郡小菅村2959番地

Tel:090-3342-2050

HP:http://www.hirayamacamp.com/

川遊びができ、バンガローのあるキャンプ場です。

  • facebook
  • twitter
  • facebook

青栁やすは

愛知県から小菅村に嫁ぎ、3人の子育てをしています。保育所の体育講師をしながら、小菅村の伝統工芸の「きおび」を使って、作品作りをしています。村に来る前は、環境教育に携わる仕事をしていました。小菅村でのスローライフを研究中。

イベントカレンダー こすげジェニック