• twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube

村がスタジオに!小菅村で家族の記念写真を撮ってもらいました。

2021/08/05 ライター:A.H

 

 

小菅村は人口約700人と小さな村ですが、村内にはさまざまな職業や特技を持った村民が住んでいます。

2人の娘と長男を持つ筆者ですが、長女の小学校卒業のタイミングで、そんな技を持つ村民の方にお願いし、村内で家族写真を撮ってもらいました。

 

お願いしたのは、村の美容師さんと村内のキャンプ場で働くカメラマンさんです。

小菅村で撮ったの?!とびっくりするほどの写真が仕上がったので、その撮影の様子をご紹介します。

 

 

「よしみ美容室」で、ヘアメイクと着付け。

 

長女の小学校卒業に加え、ちょうど次女の七五三もやっていなかったこともあり、撮影では実家に眠っていた着物を娘たちに着てもらいました。

 

 

着付けはいつもお世話になっている、よしみ美容室の古家芳美(ふるやよしみ)さん。

気さくな人柄で、髪をカットしてもらいながらのおしゃべりがいつも楽しみです。

長女の卒業式の時には、芳美さんに袴を着せてもらいました。


まずは髪の毛のセットから。

髪のアレンジが得意な芳美さん。家にあった髪飾りを上手に使って、とっても素敵なセットにしてくれました。

お化粧もしてくれました。


小菅村出身の芳美さんは、練馬区の美容室に勤めていました。小菅村で店舗が空いたことをきっかけに、47年前(昭和49年)から小菅村で美容室を始めたそうです。

村の成人式の日には、何人もの振り袖の着付けからメイク、ヘアセットと大忙しです。


村内で結婚式があった際には、生花を使って花嫁さんのヘアメイクを行いました。


 

村の女性のキレイを作る「よしみ美容室」

 

 

身だしなみを気にする女性にとって、美容室は大切な存在。

小菅村でも子どもからお年寄りまで、幅広い世代の女性がよしみ美容室へ通っています。

気持ちの良いシャンプーや自分に似合った仕上がりになるカットといった、プロのサービスが受けられるのにも関わらず、村民にやさしい価格設定です。

 

子どもが髪を切る時にも、どんな髪型にしたいのか子どもの話を聞いて、丁寧に進めてくれます。

筆者も芳美さんとおしゃべりを楽しみながら髪を切ってもらうと、身だしなみも整い、気持ちまですっきりします。

 

 

プロカメラマン渡邉さんによる、小菅村らしさを生かした写真撮影

 

せっかく綺麗に着付けをしてもらったので、小菅村に住むカメラマンの渡邉久司(わたなべひさし)さんに家族で記念写真を撮ってもらいました。

渡邉さんは、プロのカメラマンというキャリアを持ちながら、小菅村にあるほうれん坊の森キャンプ場のスタッフとして働いています。

キャンプ場では、お客さんの写真を撮るサービスも提供しています。


国内外で様々な写真を撮ってきた渡邉さん。人物から風景、商品など幅広く撮影をしています。


今回は、キャンプ場内や村内の桜が綺麗に咲くスポットで撮影をしてもらいました。


キャンプ場の施設内に、本格的な撮影スポットを用意してもらいました。


自然豊かな小菅村には、画になるスポットが多いそう。

森の中の小道など普段何気なく見ている場所も立派な撮影スポットになります。


ほうれん坊の森キャンプ場にある小道が撮影スポットに。人物の後ろからライトを当て、カメラの目の前にあえて葉っぱを重ねて撮影しています。


 

筆者もよく通る、国道沿いのスポットにて。

渡邉さんは、写真に写る人たちが普段使っている道や家などで撮影することも多いそう。

そうすることで、写る人たちの表情も柔らかくなるそうです。

 

 

村の新たな魅力を発信している渡邉さん

 

渡邉さんは、写真を軸に人と繋がりを持ちたいという想いがあり、小菅村で家族写真や入学式・卒業式といった学校行事の写真も撮ったりしています。


小菅小学校の卒業式での一枚。


渡邉さんは、カメラマンとしてフリーランスになったことと、コロナ渦をきっかけで、偶然見た求人サイトで、ほうれん坊の森キャンプ場のことを知り、働くことに。

それを機に小菅村へ移住しました。

 

小菅村の自然やライフスタイルが気に入っているそうで、村民と関わりながら、Instagramなどを通じて村の魅力を発信しています。

写真は村民とのコミュニケーションをとるときに、大切なツールになっているそうです。


写真以外にも、小学生~大学時代までテニス選手として活躍していた渡邉さんは、村民向けのテニス教室も開催しています。


 

さいごに

 

小菅村は山村留学制度や学生・地域おこし協力隊の受け入れなど、村おこしや移住に力を入れています。

移住してきた人たちに加えて小菅村出身の人たちは、様々な職種や特技を持った村民がいます。

村外から移住してきた筆者にとって、小菅村に関わる人たちが、自分の特技を生かして村を盛り上げていこうとしている姿はとても新鮮でした。

 

筆者も小菅村で6年間生活していますが、昔ながらの小菅村の生活を大切にしつつ、若者や新しい特技を持った人たちを受け入れていく村の柔軟さが凄いなと思っています。

そういった一人一人の力が、小菅村の魅力に繋がっていくのだと感じます。

 

 

●渡邉久司さんのInstagram

https://www.instagram.com/hisashi.316.ohyeah/

 

●よしみ美容室

電話番号:0428-87-0829

 

 


  • facebook
  • twitter

    A.H

    東京から移住し、3人の子育てに奮闘中。絵を描く事を通じて、小菅での生活を楽しんでいます。特に冬の雪山がお気に入り。