小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

森のアジサイ。夏まで楽しめる、涼しげな花。

2018/08/07ライター:青栁やすは

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

梅雨の時期に、色とりどりの花を咲かせるアジサイ。

関東では、6月~7月上旬が見ごろです。

 

様々な花の色や品種があり、見る人を楽しませてくれます。

また、アジサイで有名な観光名所もたくさんあり、人気のある花です。


街路樹の手まり咲きのアジサイ(左)とガクアジサイ(右)。



庭先や街路樹などで見かけるアジサイは、園芸品種(えんげいひんしゅ)といって育てやすく鑑賞を目的に人の手が加えられたものです。

 

逆に、森の中に自然に生えているアジサイもあります。

 

園芸品種のアジサイとはまた違った雰囲気の、森のアジサイ。

花の見ごろは5月~8月と、種類によって異なるので、長く楽しむことができます。

そんな小菅村で見られる、森のアジサイをご紹介します。

 

 

コアジサイ

 

名前の通り、小さな花のコアジサイ。

森の中や林道沿いなどで、かんたんに見ることができます。

花の見ごろは5月~6月。

 


淡い青色の花のコアジサイ。



花の色は、白色から淡い青色と、個体差があります。

 

 

ヤマアジサイ

 

ガクアジサイに似ている、ヤマアジサイ。

川の近くなど、湿った場所で見られます。

花の見ごろは6月~7月。

 


川のせせらぎに揺れる花が、涼しげです。



株は1m以上の大きさなので、花の時期は見つけやすいです。

 

 

タマアジサイ

 

まんまるのつぼみが特徴的なタマアジサイ。

木陰になっているのり面などに生えます。

国道沿いののり面などにも群生しているので、簡単に見ることができます。

花の見ごろは7月~8月。

 


株が大きく、群生するので、見ごたえがあります。



他のアジサイにはない、まるいつぼみから、複雑な花が出てくるのがなんとも不思議です。

 

 

ノリウツギ

 

円錐形の穂のようにのびた形と、ガクアジサイのような装飾花のあるノリウツギ。

大きさは2~5mと、背が高いです。

日当たりの良い、林道ののり面などで見られます。

花の見ごろは7月から8月。

 


背が高いので、花を近くで見るのは難しいかもしれません。



名前にアジサイとつかないけれど、れっきとしたアジサイの仲間。

和紙をすく時に樹液をのりとして使われたことが、名前となっているそう。

 

 

小菅村の森では、まだまだアジサイが楽しめます。

ぜひ見に来てみませんか。

  • facebook
  • twitter
  • facebook

青栁やすは

愛知県から小菅村に嫁ぎ、3人の子育てをしています。保育所の体育講師をしながら、小菅村の伝統工芸の「きおび」を使って、作品作りをしています。村に来る前は、環境教育に携わる仕事をしていました。小菅村でのスローライフを研究中。

イベントカレンダー こすげジェニック