小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

きのこアドバイザーと行く、楽しい&安全&美味しいきのこ狩り

2018/11/08ライター:青栁やすは

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

秋の味覚の1つの、きのこ。

公園や森などの身近な場所でも、割と簡単にきのこを見つけられます。

しかし身近に見られるきのこは、食べられないものがほとんど。

自分で採ったきのこが食べられたら、楽しいでしょうね。

 


美味しそうなきのこですが、実は猛毒!!



しかし毎年、毒きのこによる食中毒がニュースとなっています。

毒きのこもあるので、素人には簡単に手を出しにくいですよね。

 

森林面積が94%の小菅村も、色々なきのこが見られます。

中には、マツタケなみに美味しいと言われるきのこもあるとか…?!

そんな小菅村できのこ狩りを楽しむには、どうすればいいのでしょうか?

 

 

きのこに詳しい人に教わってみる!


廣瀬屋旅館の若旦那、廣瀬晴彦さん。



廣瀬屋旅館の若旦那、廣瀬晴彦さんは「きのこアドバイザー」という資格を持っています。

秋になると、宿泊客と毎日のようにきのこ狩りツアーに行くのだそう。

そんな廣瀬屋 晴彦さんの、きのこ狩りツアーに同行させてもらいました。

 

 

きのこ狩りツアーにいざ出発!


宿泊客の方と一緒に、きのこを探しに向かいます。



朝8時に旅館を出発し、車できのこポイントに向かいます。

車をおりたら、山の尾根を歩きます。

山と言っても、アップダウンが少ないので、登山未経験者でも歩けそうです。

足に自信がある人は、尾根から少し斜面を下りながら、きのこを探します。

 

 

今日、探すきのこをレクチャー。

 

「シイの木にシイタケ、エノキにエノキタケ、松にマツタケ…。

というように、きのこが共生する木の名前がついているものもあります。

そして、今日探すきのこはクリタケです。」

 


この時期によく採れるというクリタケ。



クリタケを探すには、クリの木の周りを探す、という事でクリの木を教えてもらいます。

「グレーがかった樹皮のクリの木の根元に、赤茶色のきのこが出ます。」

 


こういう所に出ますよ、と丁寧に教えてくれます。



またきのこ狩りの注意として、

・小さいきのこは採らない。(きのこや森を守るために。)

・夢中になりすぎて迷子にならないように。

との説明がありました。

 


あった!と見つけましたが、小さいので採るのはガマンです。



森にはきのこがいっぱい!分からないきのこは、どんどん聞きます。

 

クリタケは見つけたら袋に入れていきますが、他にも森には色々なきのこが生えています。

明らかに食べられなさそうな毒きのこに、不思議な形のきのこなど。

分からないきのこは、どんどん晴彦さんに質問します。

 


美味しそうなきのこを発見!



このきのこは食べられそうじゃないですか?!

「これは名人泣かせと呼ばれるクサウラベニタケですね。

ウラベニホテイシメジという食べられるきのこに似ていますが、毒きのこです。

よく間違って食べられ、ニュースになるきのこですよ。」

見つけた!と嬉しくなってしまいますが、図鑑を見るだけでは判断がつきにくいものもあるんですね。

 


クサウラベニタケ(毒)は、柄の部分が空洞になっている。



「毒きのこは危険なので、分からないものは食べないでくださいね。」

「きのこにも個体差があるので、色・形・触感・割った時の状態など、色々な方法で確かめる必要があります。」

クリタケの特徴を、しっかり教えていただいたのも納得です!

 

 

3年連続で、きのこ狩りツアーに参加している方も。


きのこ大好きな、みなとくん(8歳)。



「お!このきのこは臭いけど食べられるやつだぞ。」

と、晴彦さんに聞かずに盛り上がる藤山ファミリー。

驚いて話を聞いてみると、3年連続できのこ狩りツアーに参加しているのだそう。

しかも、きのこ名人を探して小菅村に来たと言うのだ!

 

「息子がマンションに生えていた毒きのこがきっかけで、きのこに興味を持って。

図鑑に載っているきのこを探したくて、きのこ名人を探して小菅村にたどり着いたんです。」

 


これもキクラゲみたいで美味しいんですよ~と、教えてくれました。



クリタケ以外にも、ハナビラニカワタケ・ホコリタケ・ヌメリツバタケ…と、食べられるきのこをゲット!

 


藤山ファミリーは、こんなにたくさん採れました!



 

採れたきのこを美味しくいただく。


みんなできのこを洗って、小さくちぎります。



途中で何度か休憩をはさみながら、12時に車まで戻ってきました。

持ってきた水で洗って、その場できのこ汁を作ってくれました。

 


森の中でささっと調理が始まりました。



きのこにしっかり火を通し、味付けは「寄せ鍋の素」で。

とってもシンプルながら、きのこの出汁たっぷりのきのこ汁が完成!

 


自分が歩いて採ったと思うと、さらに美味しい!

きのこ狩りツアーはお弁当&きのこ汁付き。



 

参加者の感想


見つけた!って嬉しい瞬間。



・天然の物なので、採れるか採れないかが分からない。

 だからこそ、採れた時はとっても嬉しい!

 


森の中で不思議なものを発見!



・だんだんきのこを見る眼になってきて、色々なきのこを見つけられるのが楽しい。

謎の物体も発見しました!

(きのこかと思ったら、イヌブナハボタンフシという虫こぶでした。)

 


きのこを探して、斜面を登ります。



・山を歩くのが思っていたより大変だったが、きのこを見つけられるのが楽しくて、最後まで歩ききれました。

 

 

とっても楽しい、きのこ狩りツアーに参加できます!

 

廣瀬屋旅館に泊まると、誰でも楽しく&安全に、そして美味しい、きのこ狩りを体験できますよ。

 

きのこ狩り体験教室は、旅館の宿泊オプションになっています。

9~11月上旬までの季節限定ですので、ご予約は計画的に。

 

廣瀬屋旅館

〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村4508番地

http://www.hiroseya.com

 

※きのこはとっても種類が多く、専門家でも判別が難しいものもあります。

きのこ狩りは、なるべく経験者やガイドの方と同行するようにしてください。

  • facebook
  • twitter
  • facebook

青栁やすは

愛知県から小菅村に嫁ぎ、3人の子育てをしています。保育所の体育講師をしながら、小菅村の伝統工芸の「きおび」を使って、作品作りをしています。村に来る前は、環境教育に携わる仕事をしていました。小菅村でのスローライフを研究中。

イベントカレンダー こすげジェニック