小菅村をもっと楽しくおもしろくするWEBマガジン

  • facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

村の魅力を大満喫!2泊3日の女子旅in小菅

2018/08/21ライター:atsumi

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク

 

村の95%を森林が占める小菅村。

 

多摩川の源流地域であり、綺麗な水と大自然が魅力です。

そんな小菅村は夏のアウトドアにもぴったり!

 

今回は日頃の疲れを癒やすため 「のんびり小菅の自然を満喫しよう!」をテーマに、女子2人(20代OL)で2泊3日の旅をしてみました!

 

旅の行程は7/14(土)~7/16(月)。

 

村に到着するまでのドライブから、自然探索、美味しい食事など、小菅村の魅力をあますことなく体験できました!

 

どんな旅になったのか、ご紹介します!

 

 

【1日目 7/14(土)】

奥多摩駅集合

 

午前中に奥多摩駅に集合!車で移動します。

 

↓小菅村へのアクセス情報はこちら↓

http://www.vill.kosuge.yamanashi.jp/tourism/access/

 

 

奥多摩湖へ

国道411号線を車で15分ほど進むと、小河内ダムの元に作られた奥多摩湖(正式名:小河内貯水池)に到着。なんと、この貯水池では東京ドーム約150コ分の水を蓄えることができます。

 

95%が森林に囲まれた小菅村は多摩川の水源林。

多摩川の源流である小菅川が行き着く先が奥多摩湖なのです。

 


奥多摩周遊道路をドライブしました




周遊道路の途中にある月夜見第一駐車場から眺めた奥多摩湖。



 

小菅村へ移動!道の駅こすげへ

 

さらに20分ほど進むと、いよいよ小菅村に到着!

 

まずは物産館、レストラン、温泉、フォレストアドベンチャーからなる「道の駅こすげ」に行きました。ここだけで1日楽しめそうです!

 


休日になると駐車場もいっぱいになります




情報館で小菅のパンフレットをGET!



 

原始村そば処でランチ

 

「道の駅こすげ」を一旦後にして、車を10分ほど走らせたところにある、原始村というキャンプ場に併設されたそば処でのんびりランチ。

 

山あいにある小菅村は稲作に向いておらず、昔からそばの栽培が盛んでした。そして、きれいな水で打たれるそばは絶品!


もりそば800円(2018年7月時点)




縁側からの風景に癒やされました。




食後はほっと一息。旅の計画をおさらいです。



 

そば処の隣には、歴史の教科書でお馴染み!?の竪穴式住居が・・・!キャンプ場を利用すれば、竪穴式住居に宿泊もできるそう。

 

今度はキャンプをしに来たいなあ。

 

 

雨ごいの滝へ

 

続いて、原始村のすぐ近くにある雨ごいの滝へ。

こちらは原始村から車で3分ほどの距離にあります。


歩道が整備されているので歩きやすかったです。



 

駐車スペースから歩道を歩き、約3分で撮影スポットに到着。

下からではなく上から眺める滝は珍しい!

 

 

さらに下ると川の流れをのんびり楽しめるスポットも。

気軽に滝の迫力と涼やかさを楽しめました。

 

 

小菅の湯へ

 

ほどよい汗をかいた後は、ふたたび道の駅に戻り、小菅の湯へ!

 

小菅の湯は、高アルカリ性で、お肌がつるつるになることから、「美人の湯」としての評判が高く、大風呂をはじめ、露天風呂や五右衛門風呂、寝湯、イベント風呂など九つのお風呂があります。

 

気持ちよく汗を流せました!

 

↓小菅の湯は1歳児から入れるそうで、ご家族で行っても楽しめそうです!↓

1歳児から楽しめる!キッズフレンドリーな温泉「小菅の湯」

 

 

この日は温泉の前で村の盆踊りが開催されていたため、遊びに行きました!

 

夜になると昼間の暑さが嘘のように涼しくなります。村の皆様と楽しい時間を過ごしました。

 

 

民宿に宿泊

小菅にはキャンプ場含め、11の宿泊施設があります。

 

今回は、小菅の湯から車で5分ほどの距離にある民宿 大嶺荘に宿泊。フレンドリーなおばあちゃんが温かく迎えてくれました!

 

まるでふるさとに帰ってきたような、そんな気分になります。

 

 

夜のお楽しみ!星空観察とペンライトアート

 

街灯が少ない小菅村は絶好の星空観察スポットがたくさん。思い出の余韻に浸りながら、星空を眺めました。


ペンライトアートで「KoSuGe」。



 

静かで夜は暗い小菅村だからこその楽しみ方です。

 

↓ペンライトアートの詳しい楽しみ方はコチラから!↓

ペンライトアートで秋の夜長を遊ぶ!暗いのも楽しい小菅の夜。

 



【2日目 7/15(日)】

フィッシングヴィレッジへ

 

朝一番で村営の釣り場、フィッシングヴィレッジへ。

手ぶらで行きましたが、釣り用具を貸していただき、また、釣り方も丁寧に教えていただきました。

 

今回はニジマスのエサ釣りに挑戦。


釣り用具一式(釣り竿、網、エサのいくら)




コツを掴むとどんどん引っかかります。




約1時間半で10匹釣りました!



釣った魚は腹わたをとってもらい、民宿へ持って帰りました。移動が長い場合には、クーラーボックスを持参するとよいですね。

 

初心者でも手軽に楽しめました!次はヤマメやイワナにも挑戦してみたいなあ。

 

 

道の駅こすげ 源流レストランでランチ&周辺散策

 

魚釣りの後は、道の駅こすげの源流レストランでランチ。小菅の食材を使ったイタリアンが楽しめました。美味しかった!


パスタやピザをサラダセットで注文!サラダとドリンクが取り(飲み)放題です。



食後は道の駅に車を停めたまま、周辺散策。

 


駐車場の脇に散策路が!




小菅の四季を楽しめるフォトスポットでした。(写真はヤマユリ)



温泉近くに建設されているタイニーハウスも外から眺めることができました。

 

タイニーハウスは直訳すると「小さな家」という意味です。

 

小菅村では、自然と共存し、次の世代の新しい住まいや文化を作るため、2017年からデザインコンテストを行い、優秀作品を実際に建築するという取り組みを行っているそうです。

 

↓小菅村タイニーハウス公式HP↓

http://tinyhouse-kosuge.com/

 

 

雄滝、白糸の滝へ

 

道の駅周辺の自然探索をした後は、さらなる自然をもとめて山の中に!

 

車で30分ほど移動すると、「雄滝」「白糸の滝」という滝があります。それぞれの入り口付近に駐車場があるため、そこから徒歩で向かいます。


約36mから落ちる白糸の滝



大迫力の滝を目の前で見ることができます。滝の近くは涼しく、ぼうっと眺めながら物思いにふけてしまいました…。

 

 

民宿に宿泊

 

民宿にて午前中に釣った魚を調理してもらいました!

 

小菅村に醸造所を置く、FAR YEAST BREWINGのビールと共に、ニジマスの唐揚げをいただきました。

 

自分たちで釣った魚だと美味しさも倍増ですね。最高の晩酌でした。

 



【3日目 7/16(月)】

道の駅こすげ 物産館で買い物

 

最後に自分や家族、友人へのお土産を。物産館には村内外の名産が充実しており、何を買うか迷ってしまうほど。

 

やはりおすすめは、村内で育てられた新鮮なお野菜!丁寧に作られた加工品!

 

↓一番人気は村の食材を使った手作りのおまんじゅう「チャーちゃんまんじゅう」!↓

究極の手作り! 一番売れているおまんじゅうin 小菅村



 

・・・といことで、 「のんびり小菅の自然を満喫しよう!」のテーマにぴったりな旅となりました。

 

行く先々で村の方々に温かく迎え入れていただき、計画以上に充実した時間を過ごすことができました。

 

ぜひ皆様もそれぞれの小菅の楽しみ方を見つけてみてください!

 

【今回の旅で訪れた場所】

 

 

↓道の駅こすげの公式HP↓

http://kosuge-eki.jp/

 

↓原始村そば処 公式HP↓

http://genshi-mura.com/soba

 

↓源流レストラン公式HP↓

http://kosuge-eki.jp/restaurant/

 

↓小菅の湯公式HP↓

http://kosugenoyu.jp/

 

【旅に必要な情報はコチラから!】

↓宿泊施設一覧↓

 https://ko-kosuge.jp/kosugemura/stay/

 

【各施設をもっと楽しみたいという方はコチラ!】

↓お子様と行くフォレストアドベンチャー・こすげの楽しみ方↓

身長110cmから出来る本格派アクティビティ!秋の思い出にフォレストアドベンチャー・こすげキャノピーコースはいかが?

 

 

  • facebook
  • twitter

atsumi

2018年6月に千葉県から小菅村に移住。村の皆様からくらしの知恵を学びつつ、村の魅力を発信していくべく働いています!趣味は美味しいものを食べること・飲むこと。料理はまだまだヒヨコレベルです…。

イベントカレンダー こすげジェニック